コラーゲンと言えば美肌美肌と言えばコラーゲンというくらい、空前のコラーゲンブームです。でも、ほとんどの人たちが、間違ったコラーゲンの知識を持っており、毎日、無駄な努力とお金を使っているというのが実状だと思います。あなたも、コラーゲンの正しい知識を学び、誰もが羨む美肌を手に入れて下さい。

 

コラーゲンを食べれば体内でコラーゲンになる?

 

コラーゲン鍋手羽先牛スジフカヒレなどの食べ物には、豊富なコラーゲンが含まれています。これらのコラーゲンを豊富に含む食べ物を食べれば、体内にコラーゲンを摂取でき、美容に大変良いと言われています。

コラーゲン鍋手羽先牛スジフカヒレなどコラーゲンを豊富に含む食べ物を食べれば、体内でコラーゲンになるのでしょうか?

コラーゲンを豊富に含む食べ物を食べても、体内でコラーゲンになるのでしょうか?

正解は、

です。

経口(けいこう)されたコラーゲンは、体内の酵素によって分解され、コラーゲンにならない、大多数を占めるヒドロキシプロリンヒドロキシリジンというアミノ酸と、コラーゲンになる、わずかなL-リジンL-プロリンというアミノ酸になります。

 

コラーゲン配合のサプリメントを服用する

 

現在、多くのコラーゲン配合のサプリメントが発売されています。製薬会社のキャッチコピーでは、どれも美肌効果期待できるというものです。コラーゲンを含む食べ物を食べても、ほとんどコラーゲンにはならいということをお話ししましたが、サプリメントなら、もしかすると体内でコラーゲンが生成されるのではないかと期待できるような気がします。

コラーゲン配合のサプリメントを服用すれば体内でコラーゲンは生成されるのでしょうか?

正解は、

です。

食べ物であろうが、サプリメントであろうが口から入れれば、体内の酵素によってコラーゲンにならない、大多数のヒドロキシプロリン、ヒドロキシリジンと、コラーゲンになる、わずかなL-リジン、L-プロリンというアミノ酸が生成されます。よって、サプリメントも食べ物のと同様に体内のコラーゲンはほとんど生成されません。

 

コラーゲン配合の美容液を使用する

 

食べ物も、サプリメントも口から入れると酵素によってアミノ酸に分解されてしまい、体内でコラーゲンが生成されないということがわかりました。では、コラーゲン配合の美容液を直接いお肌に塗るのであれば、体内のコラーゲンになるのではないでしょうか?

正解は、

です。

コラーゲンは肌バリアによって皮膚から吸収されず、お肌の奥まで浸透しないため、コラーゲン配合の美容液を塗ってもコラーゲンにはなりません。

 

コラーゲンを体内で作る唯一の方法

体内でコラーゲンを作れるのは、経口されたコラーゲンが酵素によって分解されて作られる少量のL-リジンL-プロリンというアミノ酸だけです。しかし、体内にL-リジンL-プロリンがあるだけではコラーゲンは生成されません。体内でコラーゲンを生成するためには、L-リジン、L-プロリンビタミンCの3つの栄養分が必要なのです。

この3つの栄養分が結合して体内でコラーゲン合成が行われコラーゲンが生成されるのです。

体内でコラーゲンを効率的に作る方法はこちら>>