コラーゲンヒアルロン酸は、お肌には欠かせない美容成分です。お肌にハリと弾力を保つためには、この二大成分が不可欠です。この記事では、コラーゲンヒアルロン酸の関係についてお話しします。

コラーゲンの働き

コラーゲン(Collagen)は、真皮(しんぴ)、靭帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつです。ヒトの体内に存在するコラーゲンの量は、全タンパク質の30%と言われています。

コラーゲンは、表皮の下にある真皮の約70%を占め真皮の中に網目状のネットワークを作り肌の弾力を保っています。また、表皮と真皮の間にある基底膜にもコラーゲンは存在し、表皮に栄養を送る役割を果たしています。

ヒアルロン酸の働き

ヒアルロン酸(英:hyaluronic acid)は、グリコサミノグリカン(ムコ多糖)の一種で、皮膚軟骨眼の角膜など、体内に広く分布しています。ヒアルロン酸は、保水力に非常に優れた物質で、ヒアルロン酸1gで6リットルの水を保持することができると言われており、水分を保持しお肌に潤いを与える働きがあります。

コラーゲンとヒアルロン酸の関係

コラーゲンは、真皮の中に網目状になっており細胞を繋ぎコラーゲンには、保水する作用はありません。ヒアルロン酸は、コラーゲンで繋がった細胞の間に入り水分の調整を行い、コラーゲンを支える働きをします。コラーゲンとヒアルロン酸の2つが揃ってお肌にハリと弾力を与えるのです。

 

コラーゲンとヒアルロン酸は加齢とともに減少する

体内のコラーゲンヒアルロン酸加齢とともに減少していきます。加齢によりお肌のたるみシワほうれい線が現れるのは、体内のコラーゲンとヒアルロン酸が減少するためです。お肌のハリと弾力を維持するためには、不足したコラーゲンとヒアルロン酸を体内に取り入れる必要があります。

体内でコラーゲンを効率的に生成する方法

ヒアルロン酸を効率的に体内に注入する方法